一緒に頑張る仲間がいることが継続力につながる

現在体重の増量(65kg➡70kg)に向けて、食事摂取量をアップさせてつつ、筋トレを頑張っているところです。

筋トレ開始時は家で一人でやっていました。日々少しずつ太くなっているような感覚がうれしくて、「このまま続けよう!!」という気持ちになります。

ただ、その気持ちも毎日同じように続くことはなくて、波があります。勉強でもなんでもそうですよね。一人だと、ふと「このまま続けて成果出るんだろうか」など余計なことを考えるようになります。

最近はもともとの友人が筋トレを頑張っていて、トレーニングメニューや食事内容を考えてくれて一緒に頑張ろうと言ってくれました。とてもやる気が出ます!

また、もう一人全然運動していなかった友人もトレーニングに励むようになり、さらに先日一緒にトレーニングをするようになりました。同じ市民なので、1時間100円でできますし、体育館も近いので続けれそうです。

帰りにはキャッチボールをしました(中学生か笑)。おっさんが二人でキャッチボールしている姿はかなり怪しいのか、いろんな通行人に見られました(;´・ω・)

最近はどの公園も「野球などの危険なボール遊びはしないでください」と立て看板がしてあります。子どもたちも遊びにくくなったなと感じます。

私は田舎育ちなので、どこでもできましたから余計にそう思うだけかもしれません。

そりゃ、運動不足の子どもが増えるのも分かる気がします。

トレーニングを続けているので友人も明らかにあごの肉が減ってきていました笑。

私も老人ホームで看護師さんや介護士さんにちょっとやせました?(本当は太りたいんだけど笑)と言われましたし、そう言われるとトレーニングの成果が出ているんだと実感するようになります。

こういう成功体験が継続することにつながるんだと実感します。また、誰かの頑張っている姿を見て自分も頑張ろうと思えることが、何かを継続するためにとても重要な要素なんだと実感しました。

これからも一緒に頑張っていけそうです(*^^)v

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事