【卓球でアキレス腱断裂 体験記⑨】  退院後1週間~2週間 アキレス腱が切れて友達が増える

の続きです。

退院後 通学初日 アキレス腱で会話が弾む

容赦なく朝は来る。今日からいよいよ通学です。普段通うキャンパスは二つあり、いつもは原付で行っているのですが、松葉杖なので乗ることはできません。

極論右足で毎回着地していたら走っている間は、足はいらないので乗れるのですが、杖を置く場所がなくて危ないのです。そもそも到着した時に片足だとスタンドを立てれないですね。何とか松葉杖で支えながら・・・いや難しいです。

というわけでまたタクシーを使います(~_~;)とりあえず最寄りの駅まで。駅周辺に停車してもらいますが、そこから改札までまた徒歩。この距離がとても長い・・・十数メール進んだら休憩、を繰り返して何とか改札に到着。

時間帯は通勤ラッシュです。自分からするととてつもないスピードでサラリーマン達が横を通り過ぎていきくように感じます。

ようやく駅に到着。並んでる人多い・・・。電車が到着し、乗り込むのですが、この時の心情としては、

「席を譲られる譲られないのやり取りをしたくない」という気持ちでしたので、扉から入るとすぐに座席がない空間に行き、ずっと窓の外を見つめていました。

これが自分だけの心情かわかりませんが、なぜかそう思ってしまうのです。数分片足立ちなので結構キツかったです。

大学の最寄りの駅に着くと、そこからは講義室まで普通の足でも徒歩20分もかかります(´;ω;`)。

大学広すぎやろ・・・何でこんな距離が(;´Д)と、心が折れそうになりました。あ、何回か折れて今後数回タクシーで行くことになります笑。

汗だくで講義室に入る。めちゃくちゃ注目を浴びました。ただ悪いことばかりではありませんでした。姿が目立つので、同期や卓球部の後輩から声かけられたり、話すきっかけや内容が増えて、さらには知らない人からも声を掛けられたりして友達が増える要因になっていました笑

さらに、会う人会う人にアキレス腱が切れて今に至るまでの過程を何度も何度も話します。嫌でもアキレス腱断裂のプレゼン力が上達しました笑反復練習すれば必ずプレゼンが上達します笑。

こういった点においてはアキレス腱が切れてむしろ良かったと思うほどです笑。

病院ではほぼ横になっていたため足に血液がうっ滞して痛いなんてことはわずかでしたが、、講義は座って受けますし、しかも1時間半と長時間。寝ながら聞くわけにはいかないのでめちゃくちゃ痛かったです。

脚をマッサージしたり、脚をピーンと伸ばしてみたりを数分ごとに繰り返しながら耐えました。

お昼休憩ではいつも学食を使用していて、友人と一緒に行こうとするのですが・・・ほんとに移動がキツい。もともと筋力ない上、ほぼ全体重を腕だけで支えるのだからしんどくなるのも当然です。

今日は3限だけで助かりました。5限まである日もあるのにどうしようと不安になります。

帰りはタクシーの力を借りずに何とか自分で帰ろうと思いました。片道2時間はかかっていたと思います。

家にようやく着いて、手に痛みを感じました。手のひらにはマメができていて、さらに上半身は激!筋肉痛。

また、手だけではなく、松葉杖は腋にもしっかりはさんで固定しないとうまく歩けないので、腋周辺の皮膚が剥けて真っ赤になっていました。ひりひりする・・・。

なるべく歩行距離を短くするために、今度からは弁当もっていこうと思いました。このしんどさが週5で続くと思ったらゾッとしました。

スポンサーリンク

試しに松葉杖のままバイクに乗り、転倒する

今週は休日が近くて助かるε-(´∀`*)ホッ。編入してまだ友達の少なかった私のために飲み会しましょうと企画してくれていた会がありました。ぜひ行きたかったですし、バイクで行ける距離。

一度バイクに乗る練習をしていたので大丈夫と思っていました。バイクにのり、左に体重がかからないように方向転換した瞬間。左側にフッとバイクが傾きスローモーションに・・・

「ああ、しまった・・・こける・・・右足を・・・・左へ・・・左へ・・・・!」

人間の反射は意志の伝達より早い。とっさに左足をついてしまいました。着いた瞬間ズキンッと痛みが走ったため左足を引っ込めました。当然支えるものがなくなった私はバイクごと左に横転しました。

激痛。ずきずきと痛む足。膝を大きくすりむいていましたがそれどころではありませんでした。

「また切れてしまったのでは・・・」めちゃくちゃ焦りました。トンプソンテストをしてついていることを確認。おばあさんが出発するのを見送っていてくれていたため、すぐにバイクを起こしてもらっていました。

もし、道の途中でこけていたらと思うと寒気がしました。人にも甚大な迷惑になることをこけてから初めて冷静になり、絶対に乗らないと決めました(今更)

退院して速攻再断裂とかホント情けない。これからはどこに行くにも荷重許可が出るまではタクシーを使うことに決めた(歩け)。

せっかく学生になるための貯蓄をしたのにまさかこんなことに消えていくのは結構悲しい(自分のせい)。ここら辺の考え方はかなり甘々です(;´・ω・)

歓迎会では楽しい時間を過ごして帰宅。お酒は傷に響くのでまだ飲みません。明日からは大学にタクシー通い。それと受診して抜糸予定です。

月曜日は5限みっちりの授業。授業が終わったら駅までタクシーで送ってもらい、そこから電車へ。

実際自分が松葉杖ユーザーになると電車に乗ること自体が億劫になる。気を使われたりするのか、じゃまにみられるか、などいろいろ考えてしまうからです。

実際電車では席を譲ろうとする者はほとんどいない。譲ってほしいとかではないのですが、冷たさを感じました。自分が見かけたら絶対に声をかけようと再認識しました(昔からそうしていますが)

スポンサーリンク

地獄のリハビリ開始

抜糸のための受診中 。パチンパチンと音。なかなかちくちくするが、何とか我慢してすぐに終了。昨日こけたことを先生に伝えると確認してくれて、「ええ感じやね」と言われました。

バイクに乗ろうとしたことは言えませんでした。ただ一安心。帰りは疲れてしまったためタクシーで帰宅しました。5000円オーバー。きついなこれは。

ちなみに学校までも片道2000円くらいかかる。これが1~2か月・・・やばい。

リハビリは比較的近いところを紹介してもらいました。診察が主治医ところというのは変わりませんが。

週2日でリハビリのため、定期的に通うことに。抜糸が終わりましたが、まだ浮腫があります。さらに拘縮を予防するためにマッサージをしてもらうのですが、これがめちゃくちゃ痛い!!!マッサージもリハビリの一つです。

特に傷の際などは皮膚と腱が癒着してしまうと極端に可動域が狭くなってしまうので、中の肉と外の皮膚を引きちぎるようにマッサージします。マッサージ・・・・・というか拷問でした。

痛すぎて手から足から全身から冷汗がでて失神しそうでした。

ただこれをやらないとしっかりと動くようにならないということで我慢。アキレス腱を切ってしまった競技とはいえ卓球はまだ好きでした。卓球したいからなぁ。

終わった後はアイシング。ビニール袋に氷をギッチギチに詰め込んで、10分程度当て続ける。これも強烈に冷たくて机をバンバンたたきたくなるような感覚に襲われる。冷たいというかむしろ痛いに近い。これぐらいじゃないとアイシングにならないんだとか。

編入して、たとえば看護だと学部生の1年生から4年生までのすべての学年と一部の講義で一緒になります。グループワークとかがあると、まずはアキレス腱の話でアイスブレイク。笑

溶け込みやすい。サンキューマイアキレステンダン♪

次回最終話

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事